広島ソウルフードといえば「お好み焼き」

投稿日: カテゴリー: Food

 

広島のソウルフードといえば

 

そう、「お好み焼き」です!

 

広島生まれ広島育ちの当方にとって、お好み焼きは欠かす事のできないメニュー。広島を出てからは、なかなかこれといったお店に巡り会う事がないので、広島に帰省した際は出来る限り、お好み焼きを食してくるようにしています。

 
スポンサーリンク

 

今回は、そんな広島のお好み焼きの代表格(主観です)といえるお店をご紹介!

そう、「麗ちゃん」です!

場所は、広島駅南口の専門店街「ASSE」の2Fにお店を構えられていますので、出張族の方々には馴染み深いお店かもしれません。

正直、広島にいた時は利用させていただく事がなかったのですが、広島に戻ってくる立場になると、この広島駅という立地の有用性に気づかされます。

広島でハズレのお好み焼き屋を探すほうが難しいのですが、個人的に、この「麗ちゃん」の味がここ数年ヒットしています。より広島らしいというか(あくまで主観です)。

 

 

そんな当方が注文するメニューは「肉・玉・そば・チーズ」です。お店によって、県外からのお客さんがわかりやすいようにメニューが色々決められていたりするのですが、広島では、①肉、②玉(卵)、③そば(もしくはうどん)を指定して、そのあとにトッピングメニューを追加して伝えるのが一般的です。

 

凝ったメニューを展開されているお店も増えたと思うのですが、昔からこの「肉・玉・そば、そしてチーズが個人的な鉄板だったりします。(シンプルが一番!)

 

注文すると、このように鉄板にうず高く積まれたキャベツの山が視界に飛び込んできます。同じ「お好み焼き」でも関西のものは、「まぜ焼き」と言われており、粉ものとして有名ですが、広島のそれは「はさみ焼き」と言われていたりします。まったく別物なんですよね。

好みは人それぞれですが、広島のお好み焼きは大量の野菜(キャベツが主)を食べる事ができるので、意外と女性人気が高いようにも思います。

 

県外で広島のお好み焼き屋を見つけると、試しに入ってみるのですが、中々これといったお店に出会う事ができません。その大きなポイントとしては焼き方にあるように感じているのですが、ご覧のような山となったキャベツの焼き方がポイントです。鉄板の上でうまく蒸し焼きにすることで、具材全体が一体となるのですが、これが中々うまく焼けない(県外のお店)お店が多いようです。ある程度蒸したらキャベツがしなってくるのですが、そのポイントを見定めて形を整える作業があります。これが早すぎると、キャベツが生焼けになってしまい、食べる時にバラバラと分かれてしまうんですよ。

広島のお店だと、この麗ちゃんに限らず、ピークタイムでは、鉄板を全て使って数多くのお好み焼きを造るぐらいの量がでるので、調理される方の練度の差かもしれませんね。

実は今回、その調理風景を動画で撮らせてもらっていたのですが、間違って消してしまうというハプニングがあり、数枚の画像のみでのご紹介となってしまいました(泣 是非次回は動画で広島愛で存分にお好み焼きをご紹介したいと思います。

 

そうしてできあがったお好み焼きがこちら!!!

 

記事を書いている今でもよだれが出てきましたw

具材とソースが混然一体となった広島のお好み焼き…

是非、本場広島で機会ありましたら食して見てください!

 

蛇足ですが、これは多くの広島の人間が同じことを言うと思いますが、「広島焼き」、「モダン焼き」は別物ですのでご留意くださいw 「広島風~」はギリセーフですが、広島の方には「お好み焼き」というのがベターですので合わせてご参考をーwww

 
スポンサーリンク

 

地図

関連リンク

 

よっかたらいいねをお願いします!

Twitter で